介護初任者研修 資格取得 介護職員

蒸し暑さに苦しむ真夏の入浴介助

ここ数年、真夏日が続きますよね。院内は空調が整っているのにそれでも暑く感じます。
そんな季節に嫌なのが真夏の入浴介助。

 

浴室は大風呂になっているので、お湯を張ると熱気が凄いのなんの。換気扇を回していたってさほど換気もされていない感じ。めちゃくちゃ蒸し暑いです。

 

 

 

風呂入れは週に2回行っています。ストレッチャー浴と歩行浴。私の病棟は60床ありますから、かなりの時間掛かって入浴を行っています。そんな中を入浴介助するわけですから、汗だくですよね!

 

 

 

介護初任者研修 資格取得 介護職員

患者さんはお風呂に入るのが大好き。嫌いな人もいますけど。。。毎日入れないからキレイに洗ってあげたいと思います。寝たきりの方でもある程度の介助があれば一人で入浴できる方でも、身体を洗ってあげると気持ちがいいようです。特に背中は、自分では手が届かない方が多いので喜ばれますね!

 

患者さんの喜んでいる顔を見るのは気持ちがいい。
しか〜し!!時間がたつにつれ浴室で入浴介助している私たちは、熱気で疲労がたまっていきます。ホント真夏の浴室って蒸し暑いんですよ〜。

 

 

 

蒸し暑さに熱中症になってはいけませんから、それなりの対策ぐらいはしています。小まめな水分補給に冷たいお茶を用意。そして首元には冷やしたジェル状のアイスノンみたいなのを巻いています。

 

でもやっぱり暑いんですよ。冷たいお茶を飲めば生き返ったような気がしますがその時だけだし、首元の冷やしたモノは時間がたてば使い物にならなくなる。。。それでも入浴介助をがんばるんですけどね。

 

 

 

真夏の入浴介助は地獄!?蒸し暑いし、髪の毛はクルクルになるし、汗だくで化粧は剥がれるし。。。女の敵!って感じです。

 

介護職員として働いている皆さん、真夏の入浴がんばりましょ!