介護初任者研修 資格取得 介護職員

体位交換に便利!【移座えもんシート(イザエモンシート)】

体位交換の記事でも触れましたが、私の勤めている病院ではイザエモンシート【移座えもんシート】を使っています。

 

全ての患者さんが使っているわけではないですが、身体の重い方やストレッチャーへの移乗の際などにすごく便利なんです。イザエモンシートは、ご家庭で介護をされている方にもおすすめなので、ちょっと紹介しておきますね!

 

 

イザエモンシートは多くの介護現場でも使用されているそうです。
筒状のナイロン製シートで、体の下に敷いて使うのですが、これを使うと移動や移乗が少しの力で出来てしまいます。ホントこれがあるのとないのでは、雲泥の差!ほとんど力を入れなくて済むので重宝していますよ。

 

体位交換に便利!【移座えもんシート(イザエモンシート)】

 

 

いざえもんシートの使い方としては筒状になっていますので、ベッド上での介護をされるとしたら筒の向きを縦方向・横方向に変えて、体をスライド(ずらす)させると、あら簡単!ホントに力いらずで相手の体を動かせます。介護する側・介護される方双方にとって負担の少ない便利ものです。

 

介護する側は、体位変換や移動・移乗の際に腰を痛める心配も減りますし、介護される方は床ずれ防止にもなります。

 

 

 

 

【移座えもんシート】は生地・縫製もしっかりして、体重の軽量・重量に関係なくすべりがいいです。ただ滑りが良すぎるため、ベッド上で使われる際は転落事故には注意が必要だと思います。あと、病院ではかなりの頻度で使っているからなのかもしれませんが、毎日使っていると丈夫とはいえ部分的に破れたりしてきます。

 

移座えもんはご家庭で寝たきりの方を介護をされている人にはホントおすすめだと思います。
少しは介護の負担が減るのではないでしょうか。

 

 

体位交換に便利!イザエモンシート